身長が高い女子の悩み。いつも目立ってしまう私・・・

私のコンプレックスは、平均よりも少し身長が高いことです。幼い頃からすでに周りの同い年の子達よりも身長が高く、背の順番で並ぶ時は必ず最後尾を譲り合っていました。近年、憧れられるのは日本人体型よりもスラッと背の高いモデルさん達が多く、ファッション雑誌を見てもその多くは身長が高く脚が長いと言われるモデルさんばかりです。そしてそれに伴い高身長者向けのファッションも多く販売されるようにもなりました。以前は、子供の頃から大人の人が着る服しか着れなく、子供の間で流行りのファッションはサイズが無くて着ることが出来ませんでした。身長も高く、着ている服装も必然的に子供っぽいものではないこともあり、周りの同級生には大人っぽいっというイメージが付いてしまいました。

また、それもあってか周りから目立つようにもなりました。目立たないように、周りの同級生と同じように見えるように無意識ながらも前屈みで過ごすようにもなりました。そうすると、普段の姿勢も悪くなってしまうようになりました。身長が高いからこそ、姿勢の悪さは悪目立ちをしてしまい自分の思惑とは真逆の状況となってしまい、子供のころは自分の悩みは身長のせいなのではないかと思うようにもなっていました。しかし、少しずつ年も重ね、社会の憧れの存在が自分と同じような身長の高い人となり始めたことで、私の価値観も徐々にではあるが変化をしていきました。

堂々とした姿で雑誌の表紙を飾っている人や、テレビで活躍している人を見ることで、前屈みになり少しでも小さくなろうとしていた自分を変える為に、姿勢を伸ばすように努力するようになりました。未だに堂々と歩くことは出来ませんが、それでも以前に比べると大きな進歩のように自分自身は感じています。子供の頃は、みんなと同じようなファッションが楽しめないと、洋服を買いに行く事も嫌いで不機嫌になってしまっていましたが、今では様々なサイズの人に合わせたファッションが楽しめるように種類もサイズも豊富になり、自分の選択肢が増えた事で買い物も楽しくなりました。また、周りと同じようなファッションを求めるのではなく、自分の好きな自分に合った物を選ぶことの大切さも理解できるようになりました。身長の高い人が増えた今でも初対面の方には、「身長高いですね」と声を掛けてもらう事もまだまだ多く、その度に同じようなお返事しか返す事が出来なくて申し訳ないような気持ちにもなりますが、この身長で損する事を考えるのでは無く、得する事や喜べることを見つけていけるようにしたいと思います。

カテゴリー: 体型 パーマリンク