出べそとの共存。私を悩ましてきたこのヘソ。

私は小さな頃から自分のおへそにコンプレックスを抱いておりました。
自分の出べそに気づいたのは、幼稚園の頃でした。
当時、身体測定の際はパンツ一枚で行なっていました。
それまでは自分の身体については、特に何も感じていなかったのですが、他のお友達のおへそがふと目に飛び込んで来た時に何かが違うなぁと思いました。
自分のものと比べると、なんだか他の子のおへその方が格好良くて自分のものが恥ずかしく感じました。
自然と手に持っていた記録用の紙で自分のおへそを隠した事を今でも覚えています。
隠しつつもいろんな子のおへそをチラッと見ていましたが、私みたいな形のおへその子はいなかったと思います。
自分だけ違うと、他に子に見られたら変に思われてしまうんじゃないかとおへそを隠したくて仕方がありませんでした。
幼稚園では、プールの授業もあり、その度に着替える時はなるべくおへそを隠すようにしていました。
それは小学校に入学してからも変わりません。
年に一度はやってくる、身体測定や身体検査は地獄でした。
せめて細くてスタイルも良ければ自分に自信が持てるのでしょうが、私は中肉中背の普通体型です。
聴診器での検査はどうしてもお腹があらわになるので、なるべく下に履いているズボンをおへその位置ほどまであげて見えないようにしていました。
その頃までに、出べそだと認識した友達は障害を持っていた男の子だけでした。それを知った時は、私って病気なのかなと思うほどでもありました。
高学年になり友達とプールへ行った時のこと、その子はお洒落な子で、水着も当時の小学高学年の子に流行っていたタンキニを着ていました。
ビキニほどお腹は出ていないものの、おへそがチラッと見えるタイプの形です。
すごく可愛くて、私も着たいなぁと強く思ったのですが、おへそが見えるくらいならワンピースタイプの方がマシだと思って、タンキニは結局着ずに終わりました。
その後、中学の頃くらいからはパソコンを使えるようになり、様々な情報を簡単に手に入れられるようになった時、出べその治し方を検索してみました。
自力では治すことはできないという結果だったと思います。
もう受け入れるしかないのかと思って、ふと芸能人の出べそを調べたことがありました。
形は違うものの、出べその芸能人が割と多くてびっくりしたのと同時に嬉しさや安心感を覚えました。
それ以降、出べそでも恥じることはないのだという考えになりました。
温泉に行く時も今まではおへそを中心に隠していましたが、今では気になりません。
夏になればビキニも堂々と着ています。
今はおへそよりもプヨプヨになってきたお腹周りの方が気になっています。
憧れの存在の人と自分のコンプレックスが同じことが、私に意識を変えました。

カテゴリー: 体型 パーマリンク